ストレスの要因

うつ病は人それぞれです

うつ病の発症は前兆があるものと、そうでないものが存在します。 例えば仕事上のストレスによって精神が参ってしまいうつ病を発症してしまう場合や学校での人間関係上のストレスによってうつ病を発症してしまうことがあります。 特に仕事上の場合は過労や人間関係のトラブルによって症状が発症してから一気に人命に関わる事態にまで状態が悪化してしまうことがあるので、場合によっては退職することも選択肢です。 命を繋げば次がまだありますので、本当に無理だと感じたら潔く退いてしまうのが賢明です。 学校の場合は虐めを受けた場合や、教師との不和などがあります。 そして一見傍から見て人間関係を上手く築けている場合でも、実は形だけでうつ病を患っている本人にとってはストレスにしかなっていない場合があります。

発症の原因は様々です

ですが、注意しなければならないのは本人がなぜうつ病を発症したのか分からない場合です。 職場や学校での人間関係が原因だったり、家庭内の軋轢が原因だったりする場合は当人もそれなりの前兆を察知できるため分かりやすいのですが、ある日突然うつ病を発症してしまった場合は大変です。 文字通り、ある日突然うつ病を発症するので何が原因なのか分かりませんので、引き金は何だったのかすら把握できません。 そして原因が分からないので何を取り払えば良いのかすら分からないことがあります。 こういった突然発症するタイプのうつ病でも、発症の原因が明確になっている人と同じく症状が悪化した場合は自分を物理的に傷つけてしまう場合があるため注意が必要です。