身体を休める

頑張ることを辞めてみよう

うつ病に厳禁なことは頑張ることでしょう。頑張りすぎた結果うつになってしまっているのです。うつになりやすい人の傾向としては真面目だったり、完璧主義だったり、正義感が強かったり、そんな一面が多い人にうつ病になる傾向が強いというデータも出ているのです。ですから原因を突き止めることも大切なのですが、まずは頑張ることを辞めてみてはいかがでしょうか。うつ病になったときに大切なことは休息でもあります。仕事が休める環境ならば診断書を提示して休職届を出してください。もし診断書を提示したとしても休職不可の場合は仕事を辞める決断も大切でしょう。仕事がストレスになっている場合は仕事を辞めたらうつ病が治ったということもあるくらいです。

原因は意外なところにある

うつ病になるには原因が存在します。そして自分自身で原因が分からない場合も多いようです。うつに関しては実は幼少期の環境などがトラウマとなっていることがあるのです。ですからうつになった時には専門医に診てもらい原因を解明してもらうことが大切になるのです。 うつになってしまった根本の原因を受け止めることが出来たら、だんだんと症状は改善されていくでしょう。定期的なカウンセリングと抗うつ剤によって精神も安定してきますから、完治させることも可能なのです。ただし、一度精神疾患にかかってしまうと再発の恐れがありますので、同じ環境に陥らないように気を付けることも大切です。少しずつ自分を変えていくことも必要かもしれません。