完璧にしない

完璧主義をやめてみる

うつ病と聞くけど、あの病気は性格の暗い人がかかりやすいと思っている人もいるとされます。 ですが性格が暗いなどということは関係なく、生真面目で完璧主義の人がなりやすい傾向にあるのです。 言い方を変えれば、真面目だからなるとも言えます。 少しくらいいい加減で、ルーズな性格であればうつ病とは無関係でありましょう。 誰もそうなれとは言いませんが、それくらいの余裕がほしいということです。 人間は完璧などなれはしないのですから、それを目標にすることは素晴らしいことですが現実もきちんと見極めるということが必要です。 うつ病の原因と言えば、真面目で何事も完璧を目指そうとするからそのことが苦しくなって起こる病気なのです。

うつ病の原因は真面目すぎること

うつ病になる人に、悪い人はいないとも言えます。 その原因でもあるまじめで、横道にそれることができないといういわば損な性格でもあります。 本人もその原因がわかっているのでしょうが、性格は変えられるものではありません。 その一方、長所という部分もあるのです。 責任感が強く与えられた仕事はきちんとやりこなすなど、人からは信頼をされるタイプであります。 その他にも原因として人が良いですから、何事も断れないというところがあります。 良い部分だけを残しておいて、もっと柔軟性を持てるようになるのが課題となります。  最近増加傾向にあるうつ病ですから、他人ごとと思わずにそうならないような取り組みを行っていくことが必要であります。