解明されていない

うつ病の明確な原因は未だ解明されていない。

うつ病の罹患患者は増加傾向であり、自殺の原因として増加している疾患です。この社会的にも影響のあるうつ病は、未だはっきりとした原因がわからないのも事実です。ただ、ある原因が大きく関与していることが言われており、それは脳から全身に伝達する「神経伝達物質」が正常に伝わらないことによるものと考えられております。詳しくは、セロトニン、ノルアドレナリンという伝達物質が、神経に伝える際に放出されるものですが、その伝達物質が正確に神経に伝えず、脳に再吸収されてしまうことからうつ病が発症するとなっております。神経伝達物質が脳に再吸収されることで、感情のコントロールが不良となり、うつ病の症状が出現するメカニズムです。

神経伝達物質の異常とは

セロトニンとノルアドレナリンは、それぞれ相反する物質です。セロトニンは精神を安定させ、ノルアドレナリンは興奮を意味します。脳内にセロトニンとノルアドレナリンのバランスが崩れることにより、急にやる気がなくなったり落ち込んでしまうかと思えば、突然怒りだしたりという症状が出現するのです。この神経伝達物質の異常が起こる原因は、仕事や対人関係のストレスなどの環境的問題と身体的肉体的疲労やホルモンバランスの崩れなどの身体的問題があります。また、真面目で責任感が強いという、もともとの性格によるものも原因のひとつと言われております。どうしても感情的な症状があるため、パートナーとしては感情的に接してしまうことがありますが、これは病気によるものですので、少しでも症状を感じた場合は、早めに医師と相談することが必要です。

心の病への対処には早期に

新年度が始まり、不安と期待の中で新しい生活を始めてみたものの現実とのギャップにより、ストレスを感じている人も多いです。多くの人は、「五月病」だからと考えてしまうかもしれませんが、中にはカウンセリングが必要なほど重症な人もいるかも知れませんので、軽く見てはいけません。 精神疾患患者が多い現代において、その背景にあるのは「ストレス社会」であるといわれています。仕事上や家庭内の問題や悩み等様々な事柄により、誰もがストレスを感じています。 そのストレスがしっかりと解消する事が出来れば、明日への活力に繋がりますが、解消できない状況になってしまうと、カウンセリング等の治療が必要になります。 自分自身に限ってはないと考える事は、うつ病などの重大な事態を招いてしまいますので早めの対策が必要なのです。

うつ病の原因を知ることは

うつ病の原因としてはいくつかありますが、その殆どがストレスから来るケースが多いのです。その主な原因が精神的なものですが、身体が感じているストレスもあります。精神的ストレスには日々の疲労や人間関係、仕事などがあります。そのときには、「いやだな」という感情を伴います。それらのストレスを感じた時には、脳神経伝達に関与する物質の分泌量や働きも十分ではなく、その状態が継続してしまうとうつ病になるとも言われています。詳しい原因については、現代の医学でも解明されていませんが、自律神経の乱れがその原因の一つと考えられています。 うつ病の治療には、投薬とカウンセリングが主に用いられますが、ストレスを解消するために行われている「カウンセリング」が重要です。 誰でも悩みはあるものの、悩みを聞いてくれる人がいなければ不安等を解消する事が出来なくなるためにその原因を知り、早期の対策を行う事が可能となります。