心をひらく、うつ改善のポイント

完璧にしない

完璧にしようとすると心は焦った状態になってしまうので、うつ病になってしまう恐れがあります。適度に達成しようと考え方を変えるだけで、心が楽になるため、気分が落ち込むことを防げます。

詳細はこちら

ストレスの要因

うつ病の症状はストレスによって引き起こされることがほとんどとなっています。学校や仕事での環境が影響されることがほとんどとなっているので、原因がないか見直しを進めていきましょう。

詳細はこちら

働き過ぎでうつになる

長時間労働であったり、身体に対して負担を与えたり、リラックスする余裕を取り去ってしまうことで、精神が不安定になってしまうことがあります。これらによってうつ病になってしまうパターンが沢山あります。

詳細はこちら

CONTENTS

解明されていない

うつ病になるためのメカニズムははっきりしていないため、原因も解明されていないという状況となっています。なお、脳から放出されるホルモンが乱れてしまうというのもあるため、これらを安定化させることが必要になります。

詳細はこちら

身体を休める

うつ病の症状になったら、無理をしないことが重要になります。仕事のストレスが原因であれば、休職をおこなって身体や心を休めていくことが重要であると言えます。そのことで症状を改善できます。

詳細はこちら

自覚症状がない

うつ病の原因は複数あるかもしれません。|うつアカデミー

知らない間にうつに侵される

うつ病はとても怖い病気です。肉体が直接蝕まれるということではありませんが、まずは精神がうつ状態になってしまい、その影響から結果的に身体にまで悪影響を及ぼしてしまうこともありますから、うつ病だと感じたら早めに病院へ行くことが大切でしょう。うつ病になってしまうにはそれなりに原因があると言っても良いでしょう。原因のほとんどがストレスと言われています。もちろんストレスの原因は人によって異なって来ます。仕事が原因でストレスになっているひともいれば家庭環境がきっかけでうつ病になるひともいます。 その根本をカウンセリングなどで判明させてしっかりと自分自身が向き合うことで症状は緩和せれていくものでもあるのです。

周りのサポートも大切

うつ病になると孤独感が増してきます。自分だけが、とマイナスに考えてしまいがちですが、必ず助けてくれているひとがいることを忘れないでください。自分だけが不幸だと思うのは間違えなのです。人間だれしもストレスを抱えて生きていますし、嫌なことだって我慢しています。しかし逆に言えばそういった不幸があるからこそ幸せを感じることが出来るのかもしれません。うつ病患者はその幸せを感じることが出来なくなっているのです。一種の神経障害なのですが、原因を突き止めてそこから解放されない限りは改善へと向かわないとも言われています。治療には多少時間が掛かりますが、気長に治療することでうつ状態から抜け出すことが出来るのかもしれません。

何がうつ病の原因になるのでしょうか

 うつ病と一言で言っても症状は様々ですし、原因も色々あります。一般的には、日々の暮らしの中でとても辛いと感じることが起きた場合、原因となることが多いです。ですが、必ずしも一つの出来事が直接的な原因になるわけではありません。日々の生活や仕事の中でトレスになるようことが重なっていき、それらが絡み合って発症しやすい状況がつくられていきます。そのような状態の時に、大きな悩みや悲しみが起きて発症することが多いのです。従って、うつ病の原因となるものの前に、発症の引き金になるような要因が幾つもあるということです。  尚、うつ病発症原因に影響を与える要因は大きく分けて3つあります。環境要因、性格傾向、遺伝的要因です。環境要因とは、家族や親しい人との死別とか失業、妊娠、出産、離婚というような自分の体の変化や自分をとりまく環境の大きな変化のことです。性格傾向は、几帳面、責任感が強い、仕事熱心、凝り性、完璧主義というような性格上のことです。遺伝子要因は、脳内神経細胞や、肉体的な疾患のことです。

予防と治療で知っておいた方が良いこと

 うつ病の予防や治療には、家族や親しい人の理解と協力や、職場の取り組みが大切です。一番してはいけないことは、原因の追求をすることです。過去に遡って原因を探すのではなく、前向きに考えることが大切です。また、家庭や仕事のストレスを軽く考えないことも大切ですし、体調の変化への注意も重要です。睡眠不足になりがちとか、風邪が長引いているとか、朝起きるのがつらいとか、いつもと違うと感じたら用心してください。このように、日頃から予防を心がけることによって発症の可能性を減らすことが出来ます。  うつ病の治療方法は複数ありますが、いつもと違う、何かおかしいと感じたら、すぐ休養をとってください。カウンセリングを受けることも効果的です。症状が進むと、医師による薬物治療が必要になることがありますので、休養やカウンセリングなどで早めの対処をして症状を進ませないようにすることが大切です。